せかい!動物かんきょう会議 in SDGs未来都市UBEがはじまります
2018年10月11日

せかい!動物かんきょう会議プロジェクトでは、SDGs未来都市の山口県宇部市、ときわ動物園の動物たちとともに画期的にユニークな手法で、次世代人材育成プログラムをスタートさせます。

 


せかい!動物かんきょう会議 in SDGs未来都市UBE

【企画概要・スケジュール】

 

目的:

宇部市をフィールドに「動物かんきょう会議」を開催し、人間の立場や地域の枠を超えたSDGs視点(世界的・第三者視点)に立った多様な発想・行動ができる、次世代を担う「人財」づくりを進める。

 

全体スケジュール:

◎インストラクター養成 (募集は終了しました)

対象(15名程度):山口大、宇部フロンティア大学、ときわ動物園、宇部市民、宇部市職員 等

開催日:
11月27日(火) 18 : 30 ~ 20 : 30
11月28日(水) 9 : 00 ~ 12 : 00

場所:UBE START UP(新・宇部方式のいのべーション創出拠点)

以降のスケジュールについては、
順次公開していきます。

 

(10月5日 関係者一同、ときわ動物園にて)

 


せかい!動物かんきょう会議 in SDGs未来都市UBE

【プログラム概要】

目標:

(1)世界には多様な人々がいて、多様な生活習慣が文化・考え方があることを知り、それを伝え合 うことができる。

(2)多様な人々がいる世界の中で平和に暮らしていくためには、何が問題か・大切かを考え、自分 たちで行動していかなければならないことを理解する。

(3)自分の身近な地域にもさまざまな問題があることを知り、その問題を解決しようとする態度を 育む。

(4)地球全体がコミュニティであり、動物(自然)たちは同じ家に暮らす隣人であることを思い出す機会を創出する。

 

概要:

「動物になって地球をもっと見てみよう」というコンセプトで、人間から動物へと視点を変えることによって、他者を尊重し多様性を認めながら、地球環境や課題解決について考えます。

最初の屋内プログラム【Aプロ】では、
児童は、身近な野生動物をモチーフに動物キャラクターをつくり、生息する地域の生活習慣や文化・環境を調べ、さらに各キャラクターの性格や発想の傾向を理解し、動物キャラクターになりきる準備をします。そして動物の立場で「人間からうける脅威」をテーマにワールドカフェ形式で話し合い、「動物たちから人間へ言いたいこと(課題)」を発表します。
人間の立場にもどった児童は、会議をとおして気になったテーマ、関心事を宣言し、各自、グループで調査・考察を重ねていきます。そして「ワタシから動物たちへ伝えたいこと(課題解決)」の発表をします。

次の屋外プログラム【Bプロ】では、
児童は、ときわ動物園の動物(猿たち)と向き合い、生態系について深く知る体験をします。ときわ動物園で気になった動物をモチーフに動物キャラクターをつくります。その際、出会った動物たちの個性にも着目しながら、動物キャラクターをつくりこみ、なりきる練習をします。
野外フィールドでは、自分自身も動物であるという自覚のもと、 五感を活性化する野外体験をとおして、自分自身の心と体をさらに活性化させていきます。動物キャラクターになりきった児童たちは持ちよった考察、生態系からの学びを活かして、「人間も住まわせてもらえる地域」についてワールドカフェ形式で話し合います。
そして「ワタシたちから動物たちへの環境宣言(UBE宣言)」の発表をします。

 

 


 

せかい!動物かんきょう会議 in SDGs未来都市UBE

【動物かんきょう会議プロジェクトのコンセプト(Aoo)】

 

物語「動物かんきょう会議」を共有する:

地球をもっと見てみよう!   ”Let’s take a closer look at the Earth”

かんきょうを守るためには「人間(おとな)だけにまかせちゃいられない!」と動物たちが森に 集まりました。動物たちは世界の子どもたちといっしょに「お互いの違いを理解し合いながら、 環境問題と共生について考える物語」をはじめました。

 

物語の原作者メッセージ:

動物になって考えよう! ”We can’t leave this to humans”

「動物かんきょう会議」は、1997年の地球温暖化防止京都会議(COP3)と共にはじまりまし た。登場するキャラクターたちは、お国柄を漂わせる個性派ぞろい。「森」「ゴミ」「クルマ」 「エネルギー」「食べもの」「海・川」「生物」として「地球の未来」をテーマに、無知や偏見・ エゴも絡んだ、カンカンガクガクの議論で盛りあがります。

自分と異なるものに興味を持ち、相手の考えをまず聞いて、理解しようとすることの大切さや楽 しさを体験してください。地球環境とわたしたちの未来のために、自ら考え行動する大人になっ てほしいのです。そんな思いで、動物たちは世界の子どもたちと一緒にアイディアを出し合ったり、 発明をしたり、課題解決にむけて国境を超えた行動をしていきます。

原作者:マリルゥ&イアン

 

物語で伝えたい本質と目指すゴール:

日本と世界の子どもたちが創発。 ”Growing Up Together”

わたしたちの幸せの代償に、誰かが不幸になっている」「どこかの国の繁栄のために、どこか の国が犠牲になっている」「人類の繁栄の代償に、動物は絶滅危惧種に、自然環境は破壊されて いる」という関係性(不条理)に気づくことを出発点に、わたしたち人間や、動物・自然のこと、 地域社会のこと、地球上のSDGs課題に対して積極的な関心をもって関わっていこうとする子ども たちを増やすこと。そして、彼らが中心となって「貧困と争いのない世界」をクリエイトしていく。